寅治郎トライのラジオブログ

   ~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

「老人と海」 読書感想文 vol.3

どうも寅治郎トライです。ヘミングウェイとイングウェイ、ウェーイ飲み会に参加。 【老人と海】 こちらはヘミングウェイの小説になります。この作品でノーベル文学賞を取りました。テーマも『自然と人間』『老いる人間』など世の中的にも普遍的なものを含ん…

「老人と海」 読書感想文 vol.2

どうも寅治郎トライです。カジキ“マグロ”なんて魚は存在しません。 【老人と海】 こちらはアーネスト・ヘミングウェイの小説になります。ヘミングウェイと言えば、ノーベル文学賞受賞、ハードボイルド、ロストジェネレーション、など文学上の派手に見えるな…

「老人と海」 読書感想文 vol.1

どうも寅治郎トライです。ウイスキーのブランデー割こそハードボイルド。 【老人と海】 こちらはアーネスト・ヘミングウェイの小説になります。ヘミングウェイと言えば、ノーベル文学賞受賞、ハードボイルド、ロストジェネレーション、など文学上の派手に見…

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」読書感想文 vol.4

どうも寅治郎トライです。村・K・春樹氏の次の著作は『電気羊をめぐる冒険』です。 【アンドロイドは電気羊の夢を見るか?】 こちらはSF作家のフィリップ・K・ディックの1968年の小説になります。今更でしょうが映画『ブレードランナー』の原作としても知…

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」読書感想文 vol.3

どうも寅治郎トライです。レイチェル・K・ソンの次作は『電気羊たちの沈黙の春』です。 【アンドロイドは電気羊の夢を見るか?】 こちらはSF作家のフィリップ・K・ディックの1968年の小説になります。周知の事とは思いますが『ブレードランナー』の原作とし…

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」読書感想文 vol.2

どうも寅治郎トライです。トマス・ハリスの次作は『電気羊たちの沈黙』です。 【アンドロイドは電気羊の夢を見るか?】 こちらはSF作家のフィリップ・K・ディックの1968年の小説になります。そして言わずもがなでしょうが、映画『ブレードランナー』の原作…

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」読書感想文 vol.1

どうも寅治郎トライです。寒がりなサイバーパンクスです。 【アンドロイドは電気羊の夢を見るか?】 こちらはSF作家のフィリップ・キンドレッド・ディックの1968年の小説になります。ざっくり言うと『未来?世界での火星でアンドロイドがプログラム外の行動…

ウクライナ危機2022に思う vol.3

どうも寅治郎トライです。まさに複雑怪奇な欧州情勢。 【ウクライナ危機】 2022年02月24日、ウクライナがロシア軍によるに軍事侵攻を受けました。ロシア軍はキエフ陥落を目指しつつも、ウクライナの他の都市へも侵攻している模様。ウクライナは当初の専門家…

ウクライナ危機2022に思う vol.2

どうも寅治郎トライです。ハイ今、緊急で動画撮ってないんですけど〜。 【ウクライナ危機】 2022年02月24日、ウクライナがロシア軍によるに軍事侵攻を受けました。ロシア軍はキエフ陥落を目指しつつも、ウクライナな東部の独立を承認したり、ベラルーシ側か…

ウクライナ危機2022に思う vol.1

どうも寅治郎トライです。ハイ今、緊急でブログ書いてるんですけど〜。 【ウクライナ危機】 2022年02月24日にロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まりました。ロシア軍はキエフ陥落を目指しつつ、陥落後にウクライナを親露国家を作り、非軍事化、及び非…

「ランジャタイのオールナイトニッポンZERO」ラジオ感想文

どうも寅治郎トライです。仲良し小好し倶楽部の根が腐ってるラジオリスナーです。 【ランジャタイのオールナイトニッポンZERO】 こちらは2022年02月12日に放送されたラジオ番組です。ランジャタイと言えば2021年のM-1グランプリで決勝進出で日の目を浴びたコ…

「桜の樹の下には」梶井基次郎 読書感想文

どうも寅治郎トライです。散る桜、残る桜も、チル桜。 【桜の樹の下には】 こちらは作家・梶井基次郎さんの短編小説になります。『桜の樹の下には』の後には『屍体が埋まっている』という下の句が続くのをどこかで聞いたことがある人もいるかもしれません。…

「檸檬」梶井基次郎 読書感想文

どうも寅治郎トライです。この世で一番レモンチー♪ 【檸檬】 こちらは作家・梶井基次郎さんの短編小説になります。内容はとても内省的で、更にとても耽美的。主人公と他者のやりとりなどはそう多くは無い『自分度の高い言葉達が行き交う』そんな作品である印…

「二分間の冒険」岡田淳 読書感想文ver.3

どうも寅治郎トライです。マッチョドラゴンをヘビロテしてます。 【二分間の冒険】 こちらは作家・翻訳家・教師の岡田淳氏の作品です。私が小学生の頃、学級文庫にあって読んだのを覚えていて、フッとした拍子に最近また読んでみようと思い、手に取りました…

「二分間の冒険」岡田淳 読書感想文ver.2

どうも寅治郎トライです。ウルティモドラゴンの中身は浅井嘉浩氏です。 【二分間の冒険】 こちらは作家・翻訳家・教師の岡田淳氏の作品です。元々本好き小学生とかではなかった者なんですが、小学生の頃読んだ本で唯一記憶に残っているのが『二分間の冒険』…