寅治郎トライのブログ

~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

「実話BUNKAタブー」読書感想文

どうも寅治郎トライです。

今日もまた読書感想文のお時間がやって参りました。今日の本はこれだ!「実話BUNKAタブー」です。
f:id:tradgellow_try:20190514192539j:plain
前身雑誌が「実話BUBKAタブー」。姉妹雑誌に「実話BUNKA超タブー」があるようです。

正直言ってこの雑誌を楽しめるようになるには、リテラシーがいるなぁと思います。というのはファクトに対しての感想や解釈やツッコミが過激な時があり、そんな派手な解釈やツッコミの跳躍感を楽しむにはやはり、一定のリテラシーが必要と考えます。

また編集部自身が偏差値高い雑誌と言っておられます。ぺーパーテスト的な意味での偏差値かはわからないけど、広い教養と、心の許容が必要だなと思います。自身の価値観をある程度確立していて、更に頭を柔軟を保っていて、過激な表現を心の遊びにできる人が、この雑誌を真に楽しめると思います。普段からの己の知性への向き合い方が問われる雑誌です。

(余談ですが、過激な表現を作家がやると「カッコいい」みたいに受け入れられて、雑誌がやると「無茶苦茶言ってやがる」みたいな捉えられ方されるのはなんでだろう?作家マジック?作家のブランディンクにハマってる?)

事件、時事に関しての記事のファクトは基本的にちゃんとしてる風には思います。著名人の犯罪歴やスキャンダル歴はけっこうな感じで掘り起こしてますからね。ただ女優の性癖とかは正確には知らないだろうから、断言調で言っちゃマズイんでないかなぁ?それに惑わされないようにリテラシー

良くモノを見るときは、鳥の目、虫の目なんていいますが、業界人数が少ない極の職業やってる方のレポ型の記事や漫画はいいんじゃないかな。虫の目や少数者、弱者の視点で見ると、全体やマジョリィティの嘘やゴマカシが見えたりしますからね。そういう視点はマジョリィティ側の刺激や気付きにもなるし。

あと話題選びのバランスがいいかなぁ。他の雑誌だと、エロが多すぎたり、高級割烹話で、おじさま路線が過ぎたりすることがありますが、こちらは若過ぎず、年上過ぎず、エロ過ぎず、の話題が調度いいと思います。

かつて「実話BUBKAタブー」の頃、私はこの雑誌を良く買っていたのですが、記憶ではビニール扱いされておらず、普通に買っていたように思うのです。久しぶりに買った「実話BUNKAタブー」はビニール扱いでした。う~ん、これは文化の衰退なのか洗練なのか、不寛容なのか?

現代は高度な情報化社会なんだから、少々ゴシッピーでノイジーな情報からも、取捨選択して何かを掴めるのがBUNKA人やろがい!と思ってはおります。
f:id:tradgellow_try:20190514192557j:plain

実話BUNKAタブー 2019年6月号

実話BUNKAタブー 2019年6月号

〈了〉