寅治郎トライのブログ

~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

柔道「団体戦3on3」構想・5G時代の柔道へ

どうも寅治郎トライです。

今日は妄想記事をお届けします。

f:id:tradgellow_try:20200206210501j:plain
【柔道団体戦3on3構想】
私は『柔道団体戦3on3構想』なんてものを夢想する時があります。『柔道団体戦3on3構想』とは、いわゆる柔道の3人の団体戦のことです。バスケの3on3から着想を得ました。過去に柔道を体験したことのある現在社会人で、また試合をやってみたいなと思っている人や、今現在何かしらの柔道部に属している人などを対象にした、今よりも楽に腕試しができる大会を目指します。3人ならば、自分に近い人を集め安いと思います。

【参加資格/なるたけオープン】
そして『参加資格はできるだけオープンにする』という思想の元、大会はあくまで野良の大会っぽく運営するとういのはどうでしょうか。そうすれば違う学校同士の人とも組めるし、若い人vs技術の年長者的な面白試合も見れるじゃないかと思うのです。また何かしらの柔道部に入っていて頑張ってはいるけど、試合のチャンスにめぐまれない人なども自由に参戦してもらえるチャンネルにもなります。個人ツールであるスマホ時代、更に個人発信の時代ですから、試合に出る出ないも『顧問』の裁量ではなく『個人』の裁量に委ねられる回路があってもいいのかな、なんて思うのです。高校野球なんかも、鬼コーチの無理クリ練習から、生徒自身で何が必要か自分で判断して練習する路線になりつつあるなんて言います。スマホで簡単にメンバー募集なんてのもいいかもしれない。史実を見れば、柔道は伝統的でありながらも変化を受け入れて来たジャンルでもありますから、超高度情報化5G社会が見えている昨今、柔道の21世紀型もきっとあり得るハズ。

f:id:tradgellow_try:20200206210524j:plain
【海外へ】
そしてこの『柔道団体戦3on3構想』を海外にも持ち込みます。海外でも『柔道団体戦3on3』大会などあれば、気の合う少人数の柔道仲間と、海外旅行を兼ねつつ海外で試合をする、なんてことも視野に入ります。大会の次の日は、本場のサムギョプサルを食べる日程を組んだりするのものよし。情報ツールの発展で海外渡航、海外活動の敷居も下がって来ているので、五輪選手候補のような立場じゃない人でも、海外の柔道文化に触れられたりする機会になるのでは無いかと思うのです。

柔術もやって多チャンネル時代へ】
また、もし若い人で自分の属している柔道部内の序列に上手く対応できてない人は柔術も習得して『柔道・柔術』を使い分けて、海外の野良大会参戦の放浪旅に活路を見いだす、なんてのも夢があると思うのです。そんな近未来の環境整備された、柔道多チャンネル時代を妄想しています。

近代柔道 2020年 02 月号 [雑誌]

近代柔道 2020年 02 月号 [雑誌]

中井祐樹の新バイタル柔術

中井祐樹の新バイタル柔術

  • 作者:中井 祐樹
  • 出版社/メーカー: 株式会社 日貿出版社
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: 単行本
【了】

↓ こちらもどうぞ ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com