寅治郎トライのブログ

~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

NOTHING BUT RADIOZ

どうも寅治郎トライです。

現在radiko時代ヘ突入している真っ只中でございますが、今日はradiko時代の前の、ラジオ時代のことを語らせて頂きたいなと思います。radikoのエリアフリーが2014年04月にスタートしているのでだいたいそれより前の話ですかね。

私は何者かというと、お笑い芸人さんのラジオに心持ってかれてしまった地方民のラジオ好き、そのような者です。2014年04月のradikoエリアフリーの開始から少しずつradikoユーザーになり、今では完全に芸人さんのラジオはradikoで聞いたり録音するようになりました。

びろーんッ!
f:id:tradgellow_try:20190413230912j:plain

写真はすべてラジオです。しかしただのラジオではありません。全て高感度ラジオをと呼ばれる機種です。

高感度ラジオとは、通常のラジオより受信感度がいいラジオのことで、より遠方の電波を受信したり、近場でも壁が厚くて受信しずらいなどの状況を打破するのが目的のラジオです。

最近は百円ショップで安価なラジオが売っているといいますが、高感度ラジオはハッキリ言って安価ではありません。録音機能やメディア再生機能が無い、ただ音が流れてくるだけのラジオなのに、10000円を越えるなんてこともあります。

なぜ何個も高感度ラジオを持っているかというと、前述の通り私は、地方民でありながら人生のある時期からお笑い芸人さんの深夜ラジオにドハマりしてしまったからです。どうしても芸人さんのラジオが聞きたかったのです。

オールナイトニッポン1時3時」はだいたいの地方でネットされているので安価なラジオで聞くことができるのですが、「JUNK」「オールナイトニッポン3時5時」などは地方によってはネットしておらず、2014年04月以前の地方民は、合法的に聞くために色々と知恵を絞っていたのです。私は高感度ラジオを使って受信することを主に追求していました。

通信型受信機だの、家の庭にデカイアンテナを立てるだのは、自分の知識や予算が追い付かないと思ったので断念し、手軽にできる高感度ラジオでラジオを聞くようになったのです。

しかしまあ高感度ラジオとは言いますが、地方という環境でのAM遠方受信で、一つ高感度ラジオを買ったからとて完全完璧なクリアな音を望むことはできるものではありません。なので私は高感度ラジオを買っては音質、受信感度の研究、比較、などをし妥協できるギリギリのラインを探していたのです。

当時もYouTubeに違法アップロードがあったのですが私はそっちの路線は追求しませんでした。あくまで合法的に思考錯誤し、辿り付いた深夜ラジオのことをブログでは語っていきます。

ザッ!
f:id:tradgellow_try:20190413231048j:plain

ザンッ!
f:id:tradgellow_try:20190413231153j:plain