寅治郎トライのラジオブログ

   ~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

【体験談】羽田タートルサービスに登録して働いてみたッ!vol.5/福利厚生面について

どうも寅治郎トライです。

一ヶ月間、まるっと有給希望ッ!

【羽田タートルサービス】
こちらは主に肉体労働の現場へ人材を供給する派遣会社です。私自身、過去に羽田タートルサービスにお世話になり、労働者側として仕事を貰っていたことがあります。しかしひとたび、ネットで『羽田タートルサービス』と検索すると、「バックレ」「やばい」「裁判」「ヤクザ」「反社」and more!
 とまあ何かと、ヤイノヤイノと言われている羽田タートルサービスですが、このブログでは経験者である私が、真の羽田タートルサービスの姿をお伝えしていこうと思います。このページでは羽田の現場員が受ける福利厚生面を紹介してみようと思います。

【notice!】
あくまで私がお世話なっていた時代、その所の羽田タートルサービスのお話になりますので、全ての羽田の営業所に当てはまるモノではございませんので、その辺をどうかご了承ください。記事内では肉体労働する側の人を『現場要員』『現場員』『現場の〜』、羽田タートルサービス自体や社員さんのことを『羽田側』『羽田』など言っております。また私は無学文盲なのでちゃんとした定義に明るくはありませんので、この記事では有給休暇を福利厚生として解釈しています。


【有給休暇について】
もちろん、羽田の現場要員の仕事は正社員型の仕事ではありませんから、基本的に福利厚生はほどほどだと思います。が、有給休暇について言えば、羽田のネット上の悪い噂に反して?ちゃんと法令に乗っ取った感じでやりくりしているようでした。計画有給にも積極的だった印象があります。羽田側からその月の有給休暇取得者が指定されて、シフトの管理もしている現場のリーダーが、誰が・いつ計画有給になるのかなど相談などしていました。辞めるベテランの方が連続的に有給を消費するなんてこともやっていました。

【私的な有給休暇について】
現場員は、そもそもの休日が各人違います。土日祝に決まって休む人も居れば、休日数だけ決まっていて週の間にランダムにその数を消化してゆく人もいたりします。なので自分が出勤しても、だいたいは見慣れた顔ぶれながらも日によって組み合わせが違う、ということになります。「●●さんとは毎日を顔を会わす」という感じではありません。出勤して毎回全メンバーと顔を合わすわけではないのが普通なので、その日顔を見ない現場員が居ても「●●さんて、何で休みなの?」なんて会話にはほとんどならない。「●●さん、今日休みなんだなぁ」と思うだけ。そんなが常態化してるので、有給休暇なのか無給休暇なのかなんていちいち気にしないし、気にならない。そんな感じなので、私的な有給休暇が取り辛いとかはありませんでした。私的な有給を取るとヤナ顔されるとか、取り難いという雰囲気も最初から成立しない環境でした。




【支給品】
確か2年に一回だったでしょうか不定期だったでしょうか『HTS (羽田・タートル・サービス)』のロゴ入りの防寒具やTシャツやスウェットなどが支給されます。もちろん費用は羽田持ちなので、現場で働く人の負担になるものではありません。購入しなければならないものでもなく。着ることを強制するものでもありませんでした。個人的には『HTS』ロゴ入りのTシャツやスウェットが、古着屋のカレッジTシャツのようになって高値が付かないかなぁと夢想していました。私が頂いたものは着込んで使用感アリアリなってしまいましたが、未使用で取って置けばよかったな、なんて思ってます。

【健康診断】
確か羽田仕事を専業でやっている人中心だったと思いますが、健康診断の費用が羽田持ちになります。兼業でやっている人は本業の方で健康診断をやるということになります。羽田持ちになるのはもちろん一番スタンダードな健康診断プランですが、他のメニューを足したい人は、別途自分で料金を払うことになります。

どうですか、皆さん!羽田タートルサービスで働く気力が湧いてきましたよね?ではまた!
【了】



↓ 羽田記事vol.4 ↓
www.tradgellow.com
↓ こちらもどうか ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com