寅治郎トライのラジオブログ

   ~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

「欽ちゃんとオードリー若林のキンワカ60分!」ラジオ感想文

どうも寅治郎トライです。

寅の被り物は持っておりません。
f:id:tradgellow_try:20220106200214j:plain
【欽ちゃんとオードリー若林のキンワカ60分!】
こちらは2022年01月02日に放送されたラジオ番組です。内容はオードリー若林さんと萩本欽一さんがトークする、というモノ。浅草の芸人文化、コント55号時代のお笑い文化、お互いの相方、近年のコロナ情勢、しくじり先生、TV業界での戦い方・・・話題は多岐に渡り、世代間の考え方や視点が違いながらもトークのやり取りがとても楽しい、聞き応えのある60分となっております。萩本さん、齢80にしても芸人トーク・ラジオトークは健在ッ!
f:id:tradgellow_try:20220106200236j:plain
【2017年ラジオチャリティミュージックソン】
昨今TVでの活躍目覚ましいオードリー若林さんと、お笑いレジェンドである萩本欽一さん、という組み合わせを不思議と思う方もいるかもわかりませんが、実はキッカケがあります。以前二人は(その時は春日さんも居ました!)2017年12月24日放送の『ラジオチャリティミュージックソン』で共演していて、その時の縁で『キンワカ60分』の共演に至ったようです。『ミュージックソン』ではオードリーがパーソナリティで萩本さんがゲストという座組。当時既に若林さんはコント55号のネタに興味があったようですから、その辺の芸人話・ネタの話とトークは展開されました。また萩本さんはミュージックソン初代パーソナリティであるため、番組の先輩の知見などからも話は盛りあがりました。ちなみこの時若林さんは萩本さんのことをシャレで「ハギちゃん」呼ばわりした所、スタッフさんは急に青冷めてピリついたとのこと。若林さんも萩本さんも芸人同士板の上での遊びのやり取りだったのでしょうが、やはりスタッフさんにとってハギちゃんは超大御所だった、ということなんでしょうねぇ。
f:id:tradgellow_try:20220106200257j:plain



f:id:tradgellow_try:20220106201157j:plain
【不思議な邂逅】
ダウンタウンが吉本の芸人要請所NSCの第1期生だそうで、時代的にダウンタウンデビュー前後から特定の師匠に弟子入りしない芸人が登場してきたと聞いたことがあります。それまでは芸人になるには師匠に弟子として取って貰い、付き人兼下積み時代を送り芸人になるというのが一般だったそうです。若林さんと萩本さんのキャリアを見れば、萩本さんは浅草の師匠に付いて芸人になり、若林さんは師匠を持たず芸人になった。萩本さんにはファミリーと称して弟子か門下生のような方もいますが、若林さんは欽ちゃんファミリーに属したこともない。そういう二人がそれぞれの時代、それぞれのやり方でやってきた先に『キンワカ60分』の掛け合いを演って見せて(聞かせて)くれた事に、私は不思議な感動を覚えました。分かり合えず衝突する世代間もある中、『キンワカ60分』では過剰な若者批判や過度な年長者批判に陥らない、世代間の素敵な邂逅で満たされています。必聴あるべし!
【了】



↓ こちらもどうか ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
↓ このブログ内のラジオ全記事 ↓
www.tradgellow.com