寅治郎トライのブログ

~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

「岡野陽一のオールナイトニッポンZERO」ラジオ感想文

どうも寅治郎トライです。

ラジオ感想文は借金してでも書け!
f:id:tradgellow_try:20200804200832j:plain
岡野陽一オールナイトニッポンZERO】
こちらの番組は、 2018年06月09日に放送されたラジオ番組です。パーソナリティはピン芸人岡野陽一さんが務めました。岡野陽一さんと言えば、己のクズギャンブル癖から招いた多重債務という立場を逆手に取って、自らを『踏んでもいい男』『糞虫』『職業・金借り』と名乗り芸風にしている方です。また『岡野陽一オールナイトニッポンZERO』は、2018年04月07日放送の『お笑い有楽城』で岡野さんが優勝したことで与えられた目録『オールナイトニッポンZEROのパーソナリティが一回だけ担当できる権利』によるもので、『お笑い有楽城』も『オールナイトニッポンZERO』も他の芸人さんにはない岡野さん一流の、人間のダークサイドを『をかしみ』に昇華させたネタやトークが炸裂しています。ブラックジョークがイケる人は楽しめると思います。

コンプライアンスの時代?】
以前、岡野さんの弟分である空気階段の鈴木もぐらさんが「テレビ出演時スタッフさんから、借金の話はしないでくれと言われた」とラジオで話しておられました。アンモラルギリギリの所に鉱脈を持つお笑いの方は、コンプライアンス重視の現代は受難の時代なのかもしれません。個人的には、頭ごなしに『やってはいけない』の風潮では、客やジャンルは育っていかないのではないのかな、などと思います。岡野陽一さんは『多重債務者』やその他の『クズ人間性』などを切り口にしている方ですが、そういう際どい側面を芸にする多様性を許容できない世の中は悲しいし、芸術作品とかなら人間の暗黒面を描いたモノでも評価されたらするんですから、お笑いだって評価されるべし。とか言いつつも今は多チャンネル時代。コンプライアンスと多チャンネルの関係は注視していきまっしょい。
f:id:tradgellow_try:20200804200849j:plain
岡野陽一とラジオと】
岡野陽一さんとラジオと言えば、準レギュラーの『TBSラジオ空気階段の踊り場』があります。前述の通り岡野さんは鈴木もぐらさんの兄貴分的存在であり、『踊り場』の節目節目に登場しては、面白クズトークを展開しています。

他に2020年05月22日、05月29日、06月05日放送の『マイナビ・ラフターナイト特別編』では岡野さんはゾフィー上田航平さんと対談を行っています。実は岡野さんは巨匠時代に2回ほどキングオブコントの決勝大会に出演し、R-1グランプリにも決勝進出経験があり、ラフターナイトの決勝大会も複数回出演するなど、ネタ実力者でもあるので対談では意外にもネタについて熱く語っていたりしています。

2019年10月10日放送の『岡副麻希のほくほくたいむ』では、畑違い?の女子アナの番組に出演し『小学生にパチンコを教えるネタ』を披露するなどしていたので、クズを自称しながらも岡野さんは時に、しっかり自分の領分を守るラジオ巧者の側面も見せてくれたりします。

【了】


↓ こちらもどうぞ ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
↓ このブログ内の全ラジオ記事 ↓
www.tradgellow.com