寅治郎トライのラジオブログ

   ~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

【体験談】羽田タートルサービスに登録して働いてみたッ!vol.2 /よかった所

どうも寅治郎トライです。

不眠症には肉体労働が効くぜッ!

【羽田タートルサービス】
こちらは主に肉体労働の現場へ人材を供給をする派遣会社です。私自身、過去に羽田タートルサービスにお世話になり、労働者側として仕事を貰っていたことがあります。しかしひとたび、ネットで『羽田タートルサービス』と検索すると、「バックレ」「ヤバい」「裁判」「ヤ●ザ」and more!随分な言われ方をしているようです。そこでこのブログでは経験者である私が、真の羽田タートルサービスの姿をお伝えしていこうと思います。このページでは羽田のよかった所を紹介してみようと思います。

【notice!】
あくまで私がお世話なっていた所の羽田タートルサービスのお話になりますので、全ての羽田の営業所に当てはまるモノではございませんので、その辺をどうかご了承ください。記事内では肉体労働する側の人を『現場要員』『現場の人』、羽田タートルサービス自体や社員さんのことを『羽田側』『羽田』など言っております。

【ダブルワーク可能】
私なりに、羽田のいいなと思っている所はダブルワークがOKな所。ダブルワークとは何かと具体例を言うと、日中は通常の一般の仕事をされている方などが、週末だけ羽田から仕事を貰ったりするということ。羽田から頂ける仕事はよくも悪くも、その日だけで完結するものが多いのでダブルワークが可能なのです。社会人の方が小遣い稼ぎ感覚でやる、みたいなことが可能ということです。週末だけ仕事を貰う例を上げましたが、羽田は平日の夜間の仕事も抱えていますから、夜間羽田の仕事をやってから朝、寝ずにそのまま本職に行くっていうやり方をする人もいます。普段農家をやっていて、仕事が減る冬の期間だけ羽田仕事をやるという方もいました。もちろん羽田仕事を通年的に専業でやるのもOKだし、羽田仕事を通年的にやっいた人が、本職的になる仕事を見つけて羽田仕事を縮小していく、なんてこともOK。もちろん調整と交渉とプチ妥協は必要ですが、働く・働かないが割りと自由に設定できる点はよかった所なんではないかと思うのです。




【リーダーもダブルワーク?】
また私がお世話なっていた当時の現場要員のサブリーダーの方も、羽田の仕事をやりつつ、ダブルワークで羽田以外の仕事をやっていました。羽田に入った当初は「ヒラならわかるが、サブリーダーみたいな仕切り側の人でもダブルワークOKなのか?」と思ったものですが、後から聞いたらサブリーダーだけでなくリーダーですらもダブルワークOKとのこと。極端な例を言えばトリプルだってOK。他の羽田の先輩でトリプルをやっている人もいました(体力どうなっているんだ!)。羽田がダブルワーク型なのは昔かららしいので昨今の副業解禁も見るに、時代が追いついてきた企業なのかもしれない。

【柔軟な組み合わせ可能】
働く・働かないの自由がある程度決めれる点を言えば、特に羽田仕事を専業でやっている人に関してになりますが、必ずしも従来の月~金という働き方じゃない設定も可能ということ。もちろんこちらも調整や交渉と妥協は必要ですが、休日の数も設定可能。更に大体の現場の内容は、平日はハードめ・土日はやや易しめ、であることが多いです。そして基本、平日も土日も時給は変わりません。なので組み方によっては自分の予定や、自分の肉体の疲労を考慮した働き方ができたりします。 もちろん、休みを増やしたら自分時間が増えるけど給料は減るわけですから、その辺のヤリクリワリキリができる人に限ります。

どうですか皆さん、羽田タートルサービスで働きたくなったでしょ?ではまた!
【了】



↓ 羽田記事 vol.3 ↓
www.tradgellow.com
↓ 羽田記事 vol.1 ↓
www.tradgellow.com
↓ こちらもどうか ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com