寅治郎トライのブログ

~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

ザ・イエロー・モンキー☆エロ妖しい最強ロックバンド☆

どうも寅治郎「トライ」です。

真夏の夜は♪ 君と二人で街へ出よう♪ トライッ!

f:id:tradgellow_try:20200221221451j:plain
| エロ妖しさ
実は私はロックバンドのザ・イエロー・モンキーのファンです。90年代にイエロー・モンキーの魅力を知ってから現在もずっと好きでいます。なんというかあの激動のCDバブルの90年代、色んな路線のバンドが出てきましたが人間の持つ『エロ妖しさ』をちゃんとロックにできて、人々に届くようにアレンジできてたのってやっぱザ・イエロー・モンキーだけなんじゃないかなって思うのです。普通、若者はロックに『スピード感』や『疾走感』『スカッと感』を求めてるんだろうけど、ザ・イエロー・モンキーはもう一つ『エロ妖しさ』が乗っかってて、それがバンドの個性になっていた、というのが私の見立です。

| あいみょんも?
アルバム『9999』の宣伝のため、2019年04月19日ニッポン放送で『ザ・イエロー・モンキーのオールナイトニッポンゴールド』が放送されました。トークでメンバーの皆さんが「Mステであいみょんが挨拶来てくれて『追憶のマーメイド』が好きで聞いてたって言ってくれだんだよ」という内容を話しておられました。あいみょんといえば、現代を掴んだ歌い手の一人。なのでザ・イエロー・モンキーの世界観は時を越え、世代を越えて、普遍性まで射ぬいていたということにもなりましょう、90年代からのファンの私もなんか嬉しかった。

| フェラ☆チオがお好き?
ところで私は、ザ・イエロー・モンキーのファンになってずっーと思っていたことがあります。それは『吉井さんはフェ☆チオが好きなのではないか?』ということです。まずそれは歌詞に現れています。

「Love IS ZOOPHILIA」という曲に「ルビー色の夢をくわえるベイビー」という歌詞があります。ルビー色?フ☆ラチオを連想させますよね。

また私は、1999~00のパンチドランカーツアーに行った際、吉井さんがギタリストのエマさんの股間部を衣装の上からナメナメする、なんてパフォーマンスをやっているのを見たことがあります。長い間奏でギターソロを弾いているエマさんに近づき、吉井さんが膝間付き、自身の口元をエマさんのギターの弦あたりにもっていってそこから・・・。吉井さんが好きなデビット・ボウイもかつて似たようなパフォーマンスをしていた写真があったような?

そしてライブ映像「メカラウロコ7」の「subjective late show」では本来「フェレシオのような歯触り」という歌詞を「フェ☆チオのような歯触り」と歌っているのです。

恐らくこれらは吉井さんがフェラ☆オ好きの証左になるのではないでしょうか?
f:id:tradgellow_try:20200222114749j:plain
【了】


↓ こちらもどうか ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com