寅治郎トライのブログ

~ All My Writing Is A Gas♪ Gas♪ Gas♪ ~

「オードリーのオールナイトニッポン 好きなワード&掛け合い抄 」vol.2

どうも寅治郎トライです。

オードリーのオールナイトニッポン内での、私が個人的に好きなワード、掛け合いを上げていきたいです。多少前後の文脈が説明不足ですが、悪しからず。以下敬省略。

f:id:tradgellow_try:20190930233349j:plain

〈2013・01・26〉

若林
「居ると思うよ。行くあてもない、夜途方にくれてラジオを聞きながら歩いている『もう自分はどう生きていっていいかわからない、でもラジオでオードリーが乳首に×を書いてるのを聞いて、明日からまた頑張ってみようと思いました。』って人もいるからね。」

春日
「いや、いないよ。」



〈2013・02・16〉

若林「何で自分の素を出すのがイヤなの?」

春日「なんだろうね。やっぱり自信が無いんじゃない。素の自分に。」
   
若林「嘘だろ?『 (M1/2008で) 自信無きゃここに立ってないですよ。』って言った奴が4年後に自信がないって言っちゃダメだよ。」



〈2013・03・02〉

若林「お前、YUKIさんのオールナイト録音してさ、マス掻いてたじゃないか。」

春日「おい、その話は墓場まで持っていけよ。」



〈2013・03・09〉

若林「お笑いのライターが、分析してインタビューできないようなくらいバカバカしいネタを作りたい。」

春日「うん。」



〈2013・03・23〉

春日「単純にふざけてるワケじゃないってのが伝わったと思う。」

若林「単純にふざけてるだけだよ、こんなモン!」



〈2013・04・20〉

若林
「髪切デスマッチだと言って『丁度、髪短くしたかったんすよ』と言うようなもんだからね。」


〈2013・05・04〉

(童貞卒業時のSEXの話題で)

春日
「とりあえず顔は埋ずめるじゃない?デルタゾ-ンにこう鼻を埋め込むじゃない?こうやって『ウゥーーーーー!』って。」

若林
「ちょっと待って、え?オッパイ攻めないでいきなりデルタゾーンにいきなり顔埋めるの?」



〈2013・05・18〉

若林
「子供は宝ですからね。未来への。」

春日
「何言ってやがんだよ?昨日の深夜同じことGakutが言ってたけどな。」



〈2013・06・29〉

若林
「高いものを食ってる奴=バカだ思っているし、高い時計する奴は信用するなと思ってるし、 ポルシェを見たら石を投げろ!とやっぱ思ってるんだよね。」



(経験人数を聞かれて、覚えてない春日)

春日
「わかんなくない?そんな別にさ、日記とかつけてるワケじゃないんだからさ。ジェームス三木じゃないんだから。」



〈2013・07・06〉

家族の食事会、バラバラに集合する家族について

若林「第3者に家族だと思われたくないのかね、お互い。」

春日「中学生じゃねーんだからさ!」



〈2013・07・13〉

若林
「ネタってのあれだね、反社会的なモノだね。」



〈2013・08・31〉

若林
「(オードリーがネタを)センスでオトそうと思ったら何やってもクスクス言うんだろうね、客席が。」

春日
「やっぱ我々はペチペチペチペチ叩き合ってる方が似合うのよ。」



〈2013・09・21〉

若林「(MIWAを)馬鹿な中学生の娘だと思ってるからさ。」

春日「それ間違えてないんじゃない。」

MIWAのSE「鬼瓦♪」


若林「佐久間さんと芳樹には腕の無い所見せれない。」



春日「ラジオネーム/卑屈野郎」

若林「大丈夫か?そいつ。」




〈2013・11・16〉

若林「おれは恋は漫才だ思ってるからねw」

春日「ほう?」




〈2013・11・30〉

若林「春日さんは年賀状送った方がいいな思う相手、パッと浮かぶ人誰かいたりします?」

春日「うーん、ウッチャン。内村さんだな。」



若林「でもチェンは、あれだよね。」

春日「おい、チェンって!出川さんじゃねんだから!」

f:id:tradgellow_try:20190930233359j:plain

〈2014・01・25〉 

痴女に会ったことあるか?というトーク

若林 
「『若林さんですよね?大好きなんです』て言われて、襟首掴まれて雑居ビルの、ビルとビルの間に連れて行かれて、ガンガンに手コキされたけどね。」

春日 
「いや嘘じゃん。」



〈2014・02・01〉

春日「企画モノ派なのよ。単体女優さんより。」

若林「まあ聞いてないけど。」



〈2014・02・15〉

若林「いい歳だし。リスナーもいい歳だし。」

春日「次の段階行こう。上のステージ行こう、皆で。」




〈2014・02・22〉

若林「家で麦飯食って、ハゲの薬飲んでんですか?」

岡村「なんなのその言い方?そういう言い方って何なの?」




〈2014・03・01〉

M1/2008敗者復活直前の時期に、審査員が「決勝にキャラ漫才は上げない」という発言したという噂を聞いて、居酒屋でオードリーが二人だけで緊急会議。

春日「誰が言ってんだよ!つってね。」

若林「まあ二人でキレたよね。『キャラ漫才としゃべくり漫才の定義を目の前来て、話して見ろコノヤローッ!』つって。」



〈2014・03・15〉

山里さんがアカデミー賞で山田洋二監督を激怒させたことについて、

春日「スベルとかじゃないっぽいもんね、話聞く限り。ホントにやばかったってね。」



〈2014・04・26〉

若林「去年かおととしか、春日が『ひな壇が怖い』って事務所で言って緊急会議が開かれたけども。」

春日「大胆告白ね。」



〈2014・05・10〉

売れない時期のネタ帳の話題で

若林「やたらいろんな所に『テレビに出るのが目標じゃない』って書いてる。」

春日「出てぇんじゃねーかよ!テレビのことしか書いてねーじゃねーかよ!出てーんじゃねーかよ!」



〈2014・05・17〉

春日「新幹線はまあ、(自分磨きを)ヤるわな。」

春日「JR磨きですな。」

春日「自分磨きだけじゃない?自分が自由にさ、自分の意志で行える。後は色んな社会のしがらみとかルールとかあるじゃない。」

春日「自分磨きだけだよ。自分が全部解放できて、自由にできんのは!」



〈2014・05・31〉

阪神ファンの父親が巨人ファンと揉めて

若林「オヤジが一回、腕決められるの見たことある。」

春日「弱えーのかよ!」



〈2014・06・21〉

若林
「春日さん中学2年の時、ラグビー部とかサッカー部とかでバスケやってる時、体育館の端で体操部のマットで4人でプロレスやってて、」

春日
「三沢と川田の再現とかしてた。ローリングエルボーとか。」



〈2014・07・19〉

若林「正論が聞きたいワケじゃないからな。」

春日「いやそうなのよ。そこは楽しもうぜって話なんだよね。」



〈2014・08・09〉

若林「ディズニーランドを楽しまない奴が多い。」


春日「もう36とかだし、今さら揚げ足取っても逆に恥ずかしいよって、いうさ。」



〈2014・08・23〉

春日「まずいでしょ酔いながらは、それはやっぱ(笑いの)プロとしてね。」

若林「いや、アマだろお前。」

春日「プロだよ!」



〈2014・08・30〉

春日
「私も忙しかったしさ、なんか色々わけ分かんなくなって女モノのパンツ穿いたのその時だわ。」



〈2014・09・06〉

若林「5年間ね。向こう(=リスナー)も、こっちもウップン溜まってるだろうしね。」

春日「向こうのウップンてなんだよ?リスナーのウップンってなんだよ?」



〈2014・09・13〉

若林「リスナーもオードリーを認めてなかった。そらオードリーだってリスナーを認めてなかった時期ありますから。」

春日「『何聞いてやがんだコノ!』とかね。」



〈2014・11・22〉

若林「おれは本当にキンタマ野郎だって思うの、お前のこと。」

春日「そりゃキンタマ野郎だよ。」



〈2014・11・29〉

ラップで若林
「貧乏ぶった富裕層!カスカスカスカス人間のカスだ!」



〈2014・12・06〉

若林「クジラさんは(自分磨きを)一日7回とかやるから。」

春日「あれアタマおかしいから。」



〈2014・12・13〉

春日「楽しく聞きたいもんレジオはこの時間にな。」

若林「ま、ラジオだけどな。」

春日「正直スマンかった。」



〈2014・12・20〉

山里さんの発言を若林さんが真似て、

若林
「(山里)『はじめて家族旅行、温泉連れてった時はさ、親父と二人で露店風呂入ったんだけどさ、親父がさ普通に泣いてたよ』って。」

若林、春日
「キャハハハハッハ。」

春日
「しょうがねぇなオイ!しょうがねぇな親父、オエ!」

f:id:tradgellow_try:20190930233410j:plain

〈2015・01・24〉

スペシャルウィークでのラップ対決に対して春日父が『公の場でお互いディスリ合うのはいかがなものか?あれは印象が良くない。』という長文メールを春日に送ってきたという話題で、

若林「うるせぇよ!」

春日「やめないさい、人の父親を。」

若林「バカなんじゃないの?やり合って、やり合って、二人で平和だった、って終わってんだから、やり合う伏線が無いと意味無ぇだろ!バカかおめぇの親父は!」

春日「キツいな言葉が!言葉がキツイよ!」



〈2015・02・14〉

春日さんがフリーランスの女王様に色々とSMの話を聞いた、という話題で

若林「興味深々じゃねーかお前、M男!」

春日「(M男風に)やめて下さいよ。」

若林「M男じゃねぇかよ。」



〈2015・02・21〉

売れない頃の女性から受けた扱いについての話題で

春日 
「先輩に呼ばれてね、飲み会とかに行ってる時なんかホント、クソみたいな扱い受けてたからね。会った瞬間に『お前ッ』って言わるしさ『気持ち悪いッ』とかね。」



〈2015・03・07〉

若林 
「山里さんも凄いよな。縄で縛られて、SM嬢に。上にガーって吊るされて、ブーって回転させられて『汚ねぇヘリコプターだな』って言われて。『(山里)あーーーっ♂♂♂』だって、そいで。」


若林
「リトル・トゥースなんかと絶対飲みに行きたくない。カスミンカスミン言ってるバカとよ!」



〈2015・04・04〉

若林「各専門家がいたから。ボディビルは春日さん、風俗嬢はオレ専門家だから。」

春日「とんだね、とんだ風俗野郎。」



〈2015・04・11〉

若林
「でもさ、オードリーのそういうファン愛せる?『何やってんだよ!春日よ!前出ろよ、前!』みたいな。」

春日
「ああ、ムカついちゃう。『じゃ、てめぇやって見ろよ!』て思う。」

若林
「駒田?駒田になっちゃう?」

春日
「駒田。『おー、ちょい来い、てめーやってみろよ!』つって、もう上げられちゃう。動画で撮られてYOUTUBEに上げられちゃう。」



〈2015・04・18〉

若林「シギーJrこれよ、これよシギーJr。」

春日「これバレンテインじゃねーかよ!」



若林「ホントにヤバイからな、パラちゃんて。」

春日「思想がヤバイからね。」



若林「漫才師が100人いたら、100人の漫才観があるワケじゃん。」



若林「枡野さんの前でスベリたくないと思う。スベッんだけどその時。」



〈2015・05・02〉

若林「(岡田さんは現場で)本当に『ワオッ!』を3回以上言わないね。」

春日「やっぱプロなんだね。」



〈2015・05・30〉

若林「内村さんと。ま、内村さんというか、まあチェンとね。」

春日「やめなさい、出川さんか。その呼び方出川さんしか許されてないよ、この世界で。」



春日「(メガネのつるのトークが)あれ若林さんの代表作だから。」



〈2015・06・13〉

若林「残り物には?」

春日「え?」



若林「やっぱ春日さん、ゴシップは体の疲れ取れる?」

春日「いやもう、寝てなくても平気だよね。」



〈2015・06・27〉

春日
「一般的に言うと『何だソレ!』ってなるけど、芸人で言ったらそれはステージが上がったという。上がったでしょ、人間としたら下がってるけど。」



〈2015・07・04〉

(芸人の後輩へ)

若林
「『9分9厘、お前間違ってない、絶対(社員や作家の)言うこと聞くな。』って言ってるもん、酒飲んだら。『絶対お前間違ってない。一見間違ってる風なんだけど、ウケてないから。でも間違ってないってことが未来に分かる。絶対言うこと聞くな。』って言ってる。」



〈2015・08・01〉

高校時代の学校行事について、

若林「落語見に行って、紙切り師の人に全員ヤジ飛ばしてたよね。『チンコ切れ!チンコ!』つって。」



〈2015・09・19〉

若林「ほらオレ達、中田(英寿)がおいしいワイン飲んでた世代だから。」

春日「村上龍とね。」



(ビールを人に注ぐ時ラベルを上にする、というマナーについて)

若林
「(ビールを注ぐとき)ラベルが上なことがおかしいと思うかどうかだよな。」

春日
「そういうルールでできていると、社会は。ていうことなのかもしれんね。」

若林
「だとしてもラベルなんて上じゃなくていいと思うけどな。」

春日
「どっっっうでもいいよ!」




〈2015・10・03〉

若林「ジャグジーの中で、なんか射精しちゃって問題になったんだよね?確か。」

春日「それパラちゃんだよ。それ中川パラダイスだよ。」



若林「それ『イン・ザ・ミソスープ』じゃねぇんだから、お前怖すぎるだろ。」



若林「いやお前、ほら、なんか法のライン越えちゃう所あるから。」

春日「いや、ないわ!ギリギリでやらせてもらってますよ。」




〈2015・10・17〉

若林
「一流の人に会って高いワイン飲むくらいだったら、俺はくじらと西堀と沖縄食堂でオリオンビール飲むよ。」

春日
「あー、ダメだね。三流だよ。」



〈2015・11・14〉

春日「シングル8試合はちょっと。パンクラスじゃねぇんだからさ。」



〈2015・12・05〉

若林
「バカなファンが『春日さん一人でも(オールナイト)イける。』みたいに言ってんだろ、どうせと思って。で、逆に『若林いないとやっぱダメだ。』って馬鹿な奴が言ってんな、と思って。」



若林
「凄いウケてて、凄いなって思う人と、凄ぇウケてるけど全然面白くねーなと思う人もいる。」



若林
「机の上に足乗っけたぐらいで人を威圧できると思ってる奴はバカだよ。」



〈2015・12・26〉

若林「人生だね。あのね、星の元ってあるんだよ。春日はやっぱスターなんだよ。」



若林「魂の叫びするしかないんだよ、運が無いんだから!運がある奴は魂の叫びなんてしなくていいんだよ、運があるから!」

春日「うん、うん、熱いね。」



若林「人間の車輪、決まってんだよな。漕ぐしかないんだよ三輪車に生まれたんだから。」

春日「まあそうだね。」

若林「まあそうだね、じゃねーよ!」


↓ VOL.1 & VOL.3 ↓
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com



↓ オードリーとオールナイトニッポン
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com
www.tradgellow.com